« 総理反省?  ナンテンの花が咲いた | トップページ | 藤井四段28連勝(最多タイ)  テッポウユリが真盛りとなった。 »

2017年6月21日 (水)

火の無い所に煙が立つ?  インドハマユウが綺麗だ

 昨日のブログでは総理の記者会見で、向後は丁寧に説明してゆくとの決意が披歴されたことを記したそこに昨日、加計学園での獣医学部新設計画につき、「昨年官邸が文科省に対し、総理が開学期限を切り手続きを急がせた」という意の文書を文科省が公表した勿論官邸副長官はこれを否定しておりメモや文書の信ぴょう性の問題もあるが官庁には事の真偽を明確にするために文書(メモも含め)が作られる習癖があり不要なメモ類は一切作成しないとも言われる。何れにしても、疑惑や疑問を残したままでは国民の信頼瀬は失われる真実を明確にし、その上で向後の行く末をキチット(国民に判る様に公開し)決めて、実行していただきたい
 今日の花はインドハマユウ団地の花壇から傍の草叢に逸出したか、草叢の中に咲いて居たもの純白でシラユリに似た清楚な花である。
Photo_3 インドハマユウ(印度浜木綿)。別名(学名)クリナム・ラティフォリウムインド原産で花の様子が木綿(ユフ)(楮繊維に布)を垂らした様であることに由来北海道を除く日本の各地中国、東南アジヤにに分布昭和初期に日本に渡来耐寒性強く、海岸に自生公園や庭植えの用い冬季は上部は枯れるが翌春芽を出す草丈1~1.5m葉は帯状で光沢ある緑
Photo_4 その花開花期6~9月花茎は60~100㎝葉の間の真ん中から太くて真っ直ぐな茎を伸ばし先端に10個位の花を散形につける花序は初め苞に包まれ開花時にはこの苞は下に垂れる花は短い柄の先にあって白く細長い6枚の花被を持ち花弁の幅は広く根元の方は互いに接して長い筒状先端はバラバラに反り返りユリに似る日没の前後から強い芳香を発する園芸種には桃色花品種もある。

|

« 総理反省?  ナンテンの花が咲いた | トップページ | 藤井四段28連勝(最多タイ)  テッポウユリが真盛りとなった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

インドハマユウ、純白のきれいな花ですね!

投稿: 自遊人 | 2017年6月22日 (木) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65427129

この記事へのトラックバック一覧です: 火の無い所に煙が立つ?  インドハマユウが綺麗だ:

« 総理反省?  ナンテンの花が咲いた | トップページ | 藤井四段28連勝(最多タイ)  テッポウユリが真盛りとなった。 »