« 火の無い所に煙が立つ?  インドハマユウが綺麗だ | トップページ | 真っ赤な花のヒシバデイゴ »

2017年6月22日 (木)

藤井四段28連勝(最多タイ)  テッポウユリが真盛りとなった。

 昨日からのテレビ、新聞報道で知らぬ人が無いほどのニュースなので、改めてここで詳述はしないが、これはやはり歴史的なエポックを画したものなので記録を残す意味で略記しておく何しろ、中身がすごい史上最年少棋士(8か月前プロ入りを決めた四段昇段)で、中学二年(昨年10月)14才2カ月でプロ入りし12月24日、最年長だった加藤一二三とのデビュー戦で初勝利以来、昨日の王将戦予選で澤田六段に勝利して無敗のまま最多タイの28連勝を達成したものである。この強さの秘密は「隙のなさ」「読みの深さ」「安定感」の3つの要素を新聞解説はあげている。其れにもまして、インタビューでの応答に14歳とは思えぬむつかしい言葉を使って、堂々としていることに驚かされる。ものすごく頭の好い子なのだろうと感心している次第。
 そろそろ白百合の季節で、今日のユリはタカサゴユリに似るがタカサゴユリより一足早く咲き筋の入らぬ真っ白な花を咲かせるテッポウユリ園芸花のスカシユリが華やかないろんな花色であるのに対しこれは純白故の清楚な感じの花である
Photo テッポウユリ(鉄砲百合)。日本の南西諸島から九州南部が原産地で、沖縄には自生する、日本固有のユリである明治時代には海外へ輸出されるようになった。他の品種のユリと交雑しやすいのでこれを親にした園芸種が多く作出された草丈50㎝~1.2m位長い楕円形の葉を互い違いにつけている本州以東へは園芸用に移入されたもの
Photo_2 その花夏になると(6月~8月)(原産地では4~6月)、茎の頂上に純白の細長い花を横向きにつける花長は12~15㎝タカサゴユリは12~18㎝位)、直径7~12㎝程度筒状(ラッパ型)の花をつける。花弁が6枚あるがよく見ると根元は繋がっており筒状である雌雄同花である前述の如くタカサゴユリに似るが少し小型で葉は太め花が真っ白で筋などが入っていない点が異なる

|

« 火の無い所に煙が立つ?  インドハマユウが綺麗だ | トップページ | 真っ赤な花のヒシバデイゴ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いろいろのユリが大分咲いて来ましたね!付近のタカサゴユリは8月です。

投稿: 自遊人 | 2017年6月22日 (木) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/65435551

この記事へのトラックバック一覧です: 藤井四段28連勝(最多タイ)  テッポウユリが真盛りとなった。:

« 火の無い所に煙が立つ?  インドハマユウが綺麗だ | トップページ | 真っ赤な花のヒシバデイゴ »