« 博多駅前道路の大陥没  柚子が色づき始めた | トップページ | トランプショック続く 木陰に咲くセンリョウ »

2016年11月10日 (木)

次期米大統領はトランプ氏に  菊が咲き始めた

 次期米大統領に、トランプが決まった昨日は3時ごろまでは博多駅前の陥没事故の実況中継を見ていたが、この事故、そもそもが工事中の地盤を見ると、起こりうべくして起こった事故と言えよう。この辺りは昔の海岸線であり、砂地だが、下部の岩盤と称される部分は、岩ではなく、岩の混じったがれき状の地盤であるという。だから本来この工法ではない方法で掘削すべきだったと専門家が話している。多分工事費の関係で現在の方法を採用したものと思うが、発注側の市もよくよく調査して工事法もっと詳しく調査すべきであったろう。向後のためにもよくよく調査検討されたいと思う。
 さて、3時ごろから愈々米大統領の選挙結果が出るかと待ったが、なかなかクリントン氏の得票が伸びず、結局は可成りの票差でトランプ氏が当選と決まった。この結果には、世界の多くの人が驚いたであろう。あの激しい言い方で、各国の批判を繰り返し、先ずは米国中心に対外関係を構築しなおすような発言が多く、この人が大統領となっては困る思っていた国々が多かったのではないだろうか。しかし、当選してからの彼の発言には対外的な国際関係については、協調という言葉も飛び出しているようなので、選挙中の”暴言”のようなことにはならないであろうと思うが、どうなるであろう。たとえばTPPからは手を引くような発言があるが、日本ではこれから衆議院採決を行おうとしている。1月までの間に米も批准とも言うが、それはむつかしいようだ。しばらくは米国の動きが注目されるところである
  立冬が過ぎたが、福岡ではようやく秋らしい気候になり、菊ではごく普通に庭で咲く、黄色の小菊が咲いていたのでまずそれを載せた。
2 コギク(小菊)。小さい花だから小菊と称されるだけで、品種名でも何でもない。がこの菊は病害虫にも強く、毎年花をつけてくれる
22


 その花。これとよく似た花を、2,3点ほかにも見たが、大きさや色合いは同じでも、花弁の先尖っているのや、もっと、丸いのなどがあった。勿論品種名が判らない。

|

« 博多駅前道路の大陥没  柚子が色づき始めた | トップページ | トランプショック続く 木陰に咲くセンリョウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。
昨日もコメントしたのですが、うまくアップできなかったみたいなので、改めて投稿します。

このところ雨や地震、陥没なんて、九州にはあまり良いニュースはありませんね…。
道端の健気な花々にふっと安らぎを覚える今日この頃です。

投稿: Y | 2016年11月11日 (金) 00時21分

 久しぶりのご投稿ありがとうございます。トランプさんの出現で、この世がどう変わるか、世界中が不安と期待で揺れている感じですね。でも、実業家であるトランプ氏はかなり現実的な対処をするであろうと思っています。世の中がひっくり返ることはありえないでしょう。

投稿: 山猿 | 2016年11月11日 (金) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/64465531

この記事へのトラックバック一覧です: 次期米大統領はトランプ氏に  菊が咲き始めた:

« 博多駅前道路の大陥没  柚子が色づき始めた | トップページ | トランプショック続く 木陰に咲くセンリョウ »