« 見事な紅葉のミネカエデ | トップページ | 今朝、福島地震  オニタビラコが繁茂していた »

2016年11月21日 (月)

酒税を是正?  レモンも色づき始めた

 新聞に酒税を変えるという記事があった。政府と与党間での調整の結果の話で、2020年度から3段階で26年10月に一本化する(種類による格差をなくする)という。発端は消費税を10%に引き上げるに対応して、酒税を変更するのであるが、先ずは缶ビールで19年の消費税10%への引き上げ後、20年10月にビールの小幅減税、発泡酒・第三のビールの小幅増税に着手、ついで23年、26年に見直し最終的55円に統一する、というもの。勿論他の酒類も見直し日本酒は減税し、ワインを増税して税額を統一するという。これらの主目的が明確に書かれてないのでわからぬが、なんとなく平等にという感じがしないでもないが、特定の酒しか飲まない人からは文句の出そうな話である
 今日は柑橘のレモンこの木もよく庭植えされている木で、実が生らなくとも常緑の庭木としてもよい木であると思われ、実際門近くの庭に植えられていることが多い。木陰に実をつけるせいか、日当たりも少ない故もあって、ミカンより色づくのは遅い
Photo_4 レモン(檸檬)。英語名のLemonから来た名前。酸味や香りを楽しむ香酸柑橘類に属する。原産地はインド北部(ヒマラヤ)樹高は3mほど。枝に棘がある。葉には厚みがあり菱形~楕円形で、縁は鋸歯状紫色の蕾をつけ、白~ピンクの強い香りの花をつける。西日本ではミカンと同じく主な栽培地は西日本の中でも瀬戸内が適地とされる。
Photo_5 その果実。形は紡錘形で、先端に乳頭と呼ばれる突起がある。最初は緑色しているが熟すと黄色くなりライムにも似る。但し、他の柑橘類と交雑した品種は形が球形に近くなったり熟したときの色がオレンジになることが多いと言わる。尚、早期の収穫を目指す場合鉢植えにするとよいとか。本来オレンジは短径が10㎝を超える大型果実だが、レモンティに使うために選別されて、大型は流通しないという。日本の場合は未熟果を収穫して、エチレンガスで追熟して、果皮を黄色にしてから出荷するが果皮の色は味には関係ないという。

|

« 見事な紅葉のミネカエデ | トップページ | 今朝、福島地震  オニタビラコが繁茂していた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

元々は大きくなるんですね!

投稿: 自遊人 | 2016年11月22日 (火) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/64519361

この記事へのトラックバック一覧です: 酒税を是正?  レモンも色づき始めた:

« 見事な紅葉のミネカエデ | トップページ | 今朝、福島地震  オニタビラコが繁茂していた »