« 阿蘇、爆発的噴火  アメジストセージが風に揺れている | トップページ | 図書館書籍の消毒   シモツケが返り咲き »

2016年10月11日 (火)

急に秋らしくなって  少なくなったシュウメイギク

 予報通りであるが、昨日は最高気温24℃、で今日は22℃位との予報。午前中曇りの予報で、どんよりと曇っていて、うすら寒い感じ。でも朝起きて、体がシャンとしている。朝吸う空気もなんだか新鮮な感じで気持ちがいい。漸く秋づいて来たという感じ。これから葉も果実も色づき、景色が移りゆくさまが楽しい季節になる。体調も夏疲れを癒さねばと思っている昨日、今日である。
 そろそろシュウメイギクの頃だと思って注意して歩いたが、見つけたのは民家の裏にあるこの1本だけこの花半日陰の湿り気のある場所を好み、即ち日本庭園向きのせいで最近の庭つくりには好まれないせいかもしれない。
Photo シュウメイギク(秋明菊)。別名キブネギク(貴船菊)、京都の貴船地方に野生化した故の名。漢名秋牡丹原産地中国、台湾、日本には古い時代に入ったという。現在はこれとの交配種も含めた総称となっている。半常緑性の多年草で、草丈30-150㎝耐寒性強く且つ日陰でも育つので日本庭園向きで、根がよく張るので育てやすい。
Photo_2 その花。夏の終わりごろから(花期8月中旬~11月)花茎が伸び出し、先端にまず1輪そしてその両脇に1輪ずつ更にその腋にという順に花を咲かせる。この花の花びらに見えるのは萼片であり、花弁は退化している。花径5~6㎝で、一重と八重があり、花色白の他ピンクもある。尚園芸種では農ローズ色、濃桃色などもある由。

|

« 阿蘇、爆発的噴火  アメジストセージが風に揺れている | トップページ | 図書館書籍の消毒   シモツケが返り咲き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この花(植物)結構背高になりますね!その性でしょうか?きれいな花ですのに。

投稿: 自遊人 | 2016年10月12日 (水) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/64325767

この記事へのトラックバック一覧です: 急に秋らしくなって  少なくなったシュウメイギク:

« 阿蘇、爆発的噴火  アメジストセージが風に揺れている | トップページ | 図書館書籍の消毒   シモツケが返り咲き »