« 安保審議空転 ポーチュラカも咲き続けている | トップページ | 安保法成立  ツユクサが綺麗になった »

2015年9月18日 (金)

混乱国会続く  今ツルボが咲いている。

 昨日からの混乱国会特別委員会で安保法案を強行採決で可決(したことになっている)。次いで、審議が参院本会議に移ったが、野党は不信任案の提出などで、本会議での採決引き伸ばし作戦に出ているが政府・与党は今日中での採決・可決を目指している。最終的には可決するであろうが、野党は国民や有識者等の反対が強い事、本法案は憲法違反であること、可能な限りの反対はした、という実績つくりなどで混乱国会が続いている。
 この事、現在は世界中に流され、知られている。各国とも大き関心を持ってみているようであるが、日本の民主主義がどう映っているだろうか
 今日の花は、草花の続きでツルボ。ツルボの語源は「蔓飯粒穂(ツルイイボ)」からであり、蔓状に伸びた茎頂に、米粒に似た花穂を付ける事からきた。ツルボは史前帰化植物であり、ツルボ属には世界各地に90-100種有るが、このツルボ日本にのみ1種だけ存在するもので、学名も Barnardin japonica となっている。
Jpg ツルボ(蔓穂)。日本には北海道から九州、琉球列島広く分布。球根のある多年草。球根(鱗茎)卵球形で長さ2-3cm。基部に短い茎があって、多数の細い根を出す。は根出状に出て、10-25㎝、幅4-6㎜、線形で軟らかい。葉は春に5‐10枚出て、夏に枯れ初秋に又葉が2‐3枚出る、この秋の葉の向かい合った間から花穂が出る。
Photo その花花期8-9月。葉の間から細長い花茎を出して、総状花序をその先端につける花茎の高さ20-40cm。分枝はせず、花序の基部に総苞は無い花序細長い円筒形で下から開花して行き、長さ3-10cm、花は密集して長さ3-6㎜の花柄がある。花被片6個あり、先端は尖り淡紅色雄しべが6本、花糸は紫で先端は細くなっている。

|

« 安保審議空転 ポーチュラカも咲き続けている | トップページ | 安保法成立  ツユクサが綺麗になった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野の花は可愛い花が多いですね!遅ればせながら鷹優勝おめでとうございます。

投稿: 自遊人 | 2015年9月19日 (土) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/62303526

この記事へのトラックバック一覧です: 混乱国会続く  今ツルボが咲いている。:

« 安保審議空転 ポーチュラカも咲き続けている | トップページ | 安保法成立  ツユクサが綺麗になった »