« 鹿大がん治療に挑戦  いい花付きのウチワサボテン | トップページ | 6月黄砂は32年ぶり 時期を逸したクチナシ »

2015年6月12日 (金)

争乱の戦国史209(終章): 戦国時代の終焉

 豊臣家との長期の争いに決着をつけ、諸法度を制定した事で幕府の基盤づくりを終えた徳川家康は、上方から駿府へ戻った。1616年正月、鷹狩りに出かけた家康は突然の腹痛に襲われ、以後病床に伏してしまう。かって「東海一の弓取り」と称された武人も75歳を迎えており、さすがに衰えは隠しきれなかった。
 3月太政大臣に昇任したが病は癒えず、4月17日、遂に帰らぬ人となる。
 豊臣家滅亡からわずか1年、稀代の英雄・徳川家康もこの世を去り、応仁の乱以来約150年続いた戦乱の世はようやく幕を閉じたのである

 1615年(元和元)に大坂夏の陣が集結して豊臣家が滅ぶと、元和偃武と呼ばれる平和な時代を迎えた。
 1616年(元和2)、家康が死去すると、翌年2代将軍徳川秀忠は大名、公家、寺社に領地の確認文書である領地宛行状(リョウチアテガウジョウ)を出し、土地所有者としての自らの地位を明示した。又、諸大名を親藩(徳川一門)、譜代(三河以来の家臣)、外様(関ヶ原の戦い前後に臣従した大名)に分類。謀反の危険性がある外様大名を東北や九州などに配置し、中央から遠ざけた。
209 続く3代将軍徳川家光は武家諸法度の改訂版・「寛永令」を発布し、参勤交代を制度化した。大名統制諸制度図示。
 又、秀忠から3代・家光の時代にかけて江戸幕府は多くの大名を改易(領地没収)・減封(領地削減)した。改易の主な者は、1619年福島政則(498,000石)。1622年本多正純(15万石)。同年最上義俊(57万石)。1632年加藤忠広(54万石)。1643年加藤明成(40万石)などである。その為、諸大名は泰平の世でも、お家騒動や、後継ぎ不在では御家が断絶することから、細心の注意を払い続けたのである。
 幕藩体制は、家康の死後も250年に亘り国内に安定をもたらした。この長い揺籃期があればこそ、日本は突然訪れた明治維新という近代化の波を受入れる事が出来たと言えるであろう。  [完]

謝辞: 今回を以て、2013年4月1日より始めた「争乱の戦国史」はこの209回を終章とし、終えることとします。2年余りにわたり、戦国史を綴ってきて、書き足りなかったことが多々ありますが、長期に亘りご愛読いただきました方々には厚く御礼申し上げます。しばらく休憩し、又別のテーマで相まみえられます様念じています。

|

« 鹿大がん治療に挑戦  いい花付きのウチワサボテン | トップページ | 6月黄砂は32年ぶり 時期を逸したクチナシ »

戦国時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/61726325

この記事へのトラックバック一覧です: 争乱の戦国史209(終章): 戦国時代の終焉:

« 鹿大がん治療に挑戦  いい花付きのウチワサボテン | トップページ | 6月黄砂は32年ぶり 時期を逸したクチナシ »