« 怖い新幹線故障  タニウツギが咲く | トップページ | 争乱の戦国史200(江戸Ⅰ06): 幕府の挑発 »

2015年5月 1日 (金)

今年も天候不順・博多ドンタク  カラタネオガタマが咲く

 このゴールデンウイーク中は晴れるというのが長期予報であった。天候の変わりやすいこの時期の博多の祭り・ドンタクは2日の前夜祭から4日までの間必ずどこかで雨になる。ところが今年は晴と喜んだのもつかの間今日の予報では3,4両日とも、傘マークがついた。遠方及び海外からのパレード隊も多く来るが、雨の中でのパレードは余りにも可哀相だ。どうか小降りで終わって欲しいものだ
 毎年
、この頃になると載せる花カラタネオガタマを、今年もいい香りを放って咲き始めたので載せる。この樹は近くの貴船神社境内にある2m位のもの。他では見たことが無い。
Photo_2 カラタネオガタマ(唐種招霊)。モクレン科。中国南部原故、別名トウオガタマ。同じ仲間日本原産のオガタマや園芸種の紅色の花を着けるベニバナオガタマがある。オガタマは霊を招くおきたま(招霊)の訛ったもの。昔から神事に用いられた故の名前とか。常緑大木で4-5mになる由。枝葉がよく茂り良い香りなので、庭木、生垣に使う。日本には江戸中期に渡来
 Photo_3その花。花期4月中~5月。タイサンボクの咲く少し前に咲く。この樹は今咲始めでまだ蕾も多いが、香りは強く完熟バナナの香り似た芳香を放っている。これから英名Banana treeの名前がある。花径は3cm位。花弁厚く、クリーム色で、がほんのり紅紫色。花の真中緑の部分が雌しべの集団で、その周りに髭のような雄しべの集団がある。

|

« 怖い新幹線故障  タニウツギが咲く | トップページ | 争乱の戦国史200(江戸Ⅰ06): 幕府の挑発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そう!この花遠くまでいい香りを発しますね。

投稿: 自遊人 | 2015年5月 1日 (金) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/61516329

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も天候不順・博多ドンタク  カラタネオガタマが咲く:

« 怖い新幹線故障  タニウツギが咲く | トップページ | 争乱の戦国史200(江戸Ⅰ06): 幕府の挑発 »