« 暑き夏の青い花4 アガパンサス | トップページ | 争乱の戦国史135(織豊Ⅱ17): 中国・毛利家の三大名 »

2014年7月 5日 (土)

暑き夏の青い花最終回 名称不正確2点

 この「夏の青い花」編の最後は、どうやら私の思っている花と違う様なので、正確な名称をお教え頂き度く掲載しました。ご存じの方、是非お教え下さい。
Photo 上1:ヤハズカズラ?(矢筈葛)。英名サンベルギア・アフィニス。この花の種類は多く花の形も色も多種あり、中にこれとそっくりの花をこの名で紹介されているのもありますが。
Photo_2 2:そのヤハズカズラつる性で、花はラッパ型の様です。そしてこの花中央部が黄色なので、正面図はソックリになります。対してこれは半つる性、花径4cm位で、中央部には明らかに黄色の蕊がある(ラッパ型でない)点違っている。
Photo_3 1:フサフジウツギ?(房藤うつぎ)。
房の付き方、色、葉の形などフサフジウツギにソックリで、従来これをフサフジツギとしておりましたが、花が違うようです
Huji 2:そのフサフジウツギの花は平面花で、蕊は見えませんが、この花は今回初めて接写してよく見ましたところ、ラッパ型の筒状花であること、そして花弁を飛び出すほどの長い蕊が見えることの2点が大きく異なることを発見しました。花径はほぼ変わりません。
 

|

« 暑き夏の青い花4 アガパンサス | トップページ | 争乱の戦国史135(織豊Ⅱ17): 中国・毛利家の三大名 »

戦国時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/59930554

この記事へのトラックバック一覧です: 暑き夏の青い花最終回 名称不正確2点:

« 暑き夏の青い花4 アガパンサス | トップページ | 争乱の戦国史135(織豊Ⅱ17): 中国・毛利家の三大名 »