« 梅雨終末の蒸暑さ 暑さに強いメランポジューム | トップページ | 争乱の戦国史139(織豊Ⅲ01): 孤立した明智光秀 »

2014年7月21日 (月)

梅雨明け、やはり暑い!

 毎年のことながら、今時分になると我が家の山法師にはイラガの幼虫が着く。これに触れると針で刺されたような痛みが走り、2,3日間はおできが出来たようになる。それで、ここ2,3年は幼虫がついているのを発見すると”スミチオン”なる殺虫剤を散布している。今年も昨日発見したので、涼しいうちにと思い朝から殺虫作業を行ったがやはり暑かった予報通り梅雨明けと福岡気象台が発表。強い陽射しとなっている。
 昨日まで2日続けてキク科の花だったので今日までキク科の花として、野草のヨメナが緑一色の中で、薄紫の涼しげな花を咲かせているので紹介。
Photo ヨメナ(嫁菜)。中部地方以西のあぜ道など湿った場所に生える。この種は山地には余りないそうだ。春の若草は茹でて和え物として食すと、美味なので、嫁にも食わすという意味からの名前だという。草丈50㎝~1m。
Photo_2 その。茎の下部で枝を分け、花序余り枝を分けず茎頂に1個ずつ花を付ける。花は薄紫色の舌状花と、黄色の筒状花からなる径3cm位の頭花。花期は7-10月。そう果は約3㎜の扁平な倒卵形で冠毛0.5㎜と短い。

|

« 梅雨終末の蒸暑さ 暑さに強いメランポジューム | トップページ | 争乱の戦国史139(織豊Ⅲ01): 孤立した明智光秀 »

戦国時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/60019598

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け、やはり暑い!:

« 梅雨終末の蒸暑さ 暑さに強いメランポジューム | トップページ | 争乱の戦国史139(織豊Ⅲ01): 孤立した明智光秀 »