« 争乱の戦国史116(織豊Ⅰ16): 長島一向一揆の壊滅 | トップページ | 春の雑草の花1 キツネノボタン »

2014年4月 7日 (月)

雨に負けず花海棠も満開

 小野寺防衛相が来日中のヘーゲル防衛長官と会談。集団的自衛権の行使を憲法解釈で可能にしようとの政府の方針に対し、米国はこれまでの「歓迎する」と云う表現から一歩踏み込んで「支持する」と表現した。北朝鮮問題や尖閣列島問題も後押しする意味も込め、イージス艦2隻の日本への追加配備の計画も表明している。
 集団的自衛権の行使は憲法に触れるとしてきた自民党であるから、当然憲法改正を行う必要がある。が、憲法改正は簡単にはゆかない。それで憲法下での行使容認可能とする解釈へ変更しようとしているが、与党の公明党も賛同しない。この問題大変難しい問題だが右傾化を警戒する人々も多い事、今一度よく考えて貰いたいものだ。
 そんな難しい問題の上、ここ3、4日寒い日が続き、心身ともに冷え込んでいたが、今日から少し暖かく成る予報。春の花達も順調に咲き誇っている。今日は満開の花海棠。
Photo  ハナカイドウ(花海棠)。単にカイドウと云ったり、垂絲海棠南京海棠とも呼ぶ。中国原産、江戸初期に渡来梨の事で、海外から来た梨の意味。実海棠に対し、花の美しいのを花海棠と称したもの。木は5~10mにも成長するそうだが、庭木は精々3m位に剪定されて居る。
Photo_2  。ソメイヨシノが終わる頃咲く。花は全開せず半開きで蕊を包む。一重から八重の花が花径を伸ばして垂れ下がるところから、垂絲海棠と呼ぶ。この花が咲く頃は花冷えで、雨が多く、雨に濡れても花を咲かせているのをよく見る。

|

« 争乱の戦国史116(織豊Ⅰ16): 長島一向一揆の壊滅 | トップページ | 春の雑草の花1 キツネノボタン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/59427293

この記事へのトラックバック一覧です: 雨に負けず花海棠も満開:

« 争乱の戦国史116(織豊Ⅰ16): 長島一向一揆の壊滅 | トップページ | 春の雑草の花1 キツネノボタン »