« 争乱の戦国史34 (室町Ⅱ24): 日朝、日明交易と海賊衆 | トップページ | 争乱の戦国史35 (室町Ⅱ25): 本願寺中興の祖・蓮如 »

2013年8月11日 (日)

40℃超の猛暑

 昨日は関東以西では最高気温40℃を超えた地点多数出た。さすがにこの暑さは「これまで経験した事の無い」暑さである。こうなると、外に出て風の吹く日陰に居る方がずっと涼しい感じがすることを、たまたま外出して経験した。勿論所用のための外出であり、所用のために暑さを忘れるということもあろうが、図書館でもいい、美術館・博物館めぐりでもいい。はたまた森林山中の寺社参拝でもいいが、家に籠ってないで外出をお勧めする。そんな暑い中で、屈み込んででないと判らない小さな夏の花を見つけたので紹介。
Photo ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)。学名はリピアカネケンス(Lippia canescens)。南アメリカ原産。背丈5-10cm。花期は6-9月。ランタナそっくりの花だが小さく花径5-7mm位の花で、下図の如く可愛い花を咲かせている。匍匐性で、草丈が低いので公園などのグランドカバーに用いられるようだ。
Photo_2 の接写図:写真は公園の雑草の中で咲いていたもの。丈夫で育てやすいので地被植物として、雑草抑制のため使われるそうだ。比較的日当たりの良い、水はけの良いところが適地で乾燥にも強いそうだから、こんな日照りの中でも元気なのだろう。クマツヅラカ科のイワダレソウ属で、ランタナと近縁種

|

« 争乱の戦国史34 (室町Ⅱ24): 日朝、日明交易と海賊衆 | トップページ | 争乱の戦国史35 (室町Ⅱ25): 本願寺中興の祖・蓮如 »

戦国時代」カテゴリの記事

コメント

ヒメイワダレソウ:繁殖力のすごい植物の様ですね。
それにしても暑いですね!!日曜はスポクラは休みとしているのですが、耐えられず3時ごろからはSCに出かけました。

投稿: 自遊人 | 2013年8月11日 (日) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/57969563

この記事へのトラックバック一覧です: 40℃超の猛暑:

« 争乱の戦国史34 (室町Ⅱ24): 日朝、日明交易と海賊衆 | トップページ | 争乱の戦国史35 (室町Ⅱ25): 本願寺中興の祖・蓮如 »