« 番外編 追い山笠奔(ハシル)る! | トップページ | 咲き揃わぬ木槿(ムクゲ)の花 »

2013年7月16日 (火)

盛夏の中の百合

 毎日34℃となり、最低気温27℃。歳よりは熱中症になりやすいというので、早朝ウオーキング以外殆ど外出せず、過ごしている。今日はそんな熱い中咲いている百合を紹介。
Photo コオニユリ(小鬼百合)。これは民家の庭に1本だけ咲いていた少し小さめの百合。姿・かたちは鬼百合とほとんど変わらぬが、サイズが小さくやさしい感じ。鬼百合が中国よりの移入種に対し、小鬼百合日本の在来種とか。湿り気の地に自生する。百合(ビャクゴウ)は漢名和名は古くは由利(ユリ)。
Photo_2 スカシユリ(透百合)。イワトユリの園芸種だそうだ。開花し始めたところで、はっきりしなが、花が上向いているので、スカシユリと推定。開花前にこの家の主人が鉢を取り込んでしまった。開くと花弁の間が空く故の名前。北陸以北の北側海岸に自生するとか。花色は赤、オレンジ、ピンク、白がある。
Photo_3 ヘメロカリス。別名デイリリー。日本、中国の野生種のユウスゲやカンゾウなどの交配で改良した園芸種。花色、形など種々あり、一重、フリル付、八重などがあり、これは八重咲。尚、昼に咲く昼咲と、夜に咲く夜咲があるらしいが、これは朝開いて夕方萎む昼咲。山裾の小さな花壇の上に群生していた。

|

« 番外編 追い山笠奔(ハシル)る! | トップページ | 咲き揃わぬ木槿(ムクゲ)の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/57801608

この記事へのトラックバック一覧です: 盛夏の中の百合:

« 番外編 追い山笠奔(ハシル)る! | トップページ | 咲き揃わぬ木槿(ムクゲ)の花 »