« 燃料の切り札か、メタンハイドレート | トップページ | TPP交渉参加 »

2013年3月15日 (金)

倭国の興亡190:新王朝の成立・・・倭国の終焉

 769年5月称徳呪詛事件が起きる。聖武の娘・不破内親王は安積親王や井上内親王(白壁王妃)の同母妹であり、称徳の異母妹(系図参照)である。その不破内親王が、称徳の女官・県犬養姉女に称徳を呪詛させ、自分の子・氷上志計志麻呂の天皇擁立を図ったというものだ。結果、京外追放、配流などに処された。しかし、後にこれは誣告(ブコク)であると判り、不破内親王は元に復している。但し、782年もう一人の子・氷上川継の謀反事件に連座し淡路に配流された。これらは、道鏡即位の障害にとなる皇位継承候補者・志計志麻呂を狙って、母共々排除しようとした事件だった。(図は聖武と桓武の関係系図)
190  770年称徳3月に倒れ8月4日、平城宮西宮寝殿で死去。この頃既に道鏡はその政治的地位を失っていた。議政官たちは即日、贋の遺詔により、白壁王を立太子し、道鏡を下野薬師寺別当に左遷、弟浄人も土佐に配流し、一気に政治体制立て直しを図った
 10月には白壁王が即位し、光仁天皇となり、初めて天武を始祖としない天皇が出現した。これは聖武の娘・井上内親王を妻とし、又既に他子(オサベ)親王が生まれており、聖武の血が維持されるからであった。
 しかし、771年2月温厚な左大臣藤原永手の急死により、再び政変が起こる。772年皇后井上内親王が光仁を呪詛したとして廃され5月には他戸親王が皇太子の地位を追われる772年10月光仁の姉・難波内親王の死去にかこつけて、井上・他戸母子が呪詛したとして幽閉され、775年4月同日死去した。

 変わって773年立体子したのは他戸の兄・山部親王である。母は渡来人の血を引く高野新笠で、出自・経歴共に異例中の異例だった。この筋書きは藤原良継・百川兄弟の作と言われ、良継の娘・乙牟漏は山部の妃となり、平城・嵯峨両天皇を生む。
 781年山部は病気の光仁から譲位を受け、桓武天皇として即位する。桓武は二大政策として「造都」「征夷」を掲げた。こうして平城京の奈良時代は終った
 7世紀以来構築してきた律令国家の諸システムが円滑な機能を果たし始め、日本型律令制を築き上げる過程に入った。原始以来の「倭国」の終焉である。そしてそれは新しいシステムの日本国の誕生であった

|

« 燃料の切り札か、メタンハイドレート | トップページ | TPP交渉参加 »

古代史、邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

安土桃山末期、江戸初めの1604年に、ポルトガル人のジョアン・ロドリゲスが、日本に布教に来て30年ほど滞在し、作ったのが「日本大文典」という印刷書籍です。400年前の広辞苑ほどもあるような大部で驚きます、秀吉の知遇、さらに家康の外交顧問もしていました。当時、スペイン国王からはメキシコに帰る難破船救助のお礼に、「家康公の時計」をもらっています。古代から伝えられてきた日本の歴史について知ることができる タイムカプセル でしょうか。戦国時代直後まで伝えられてきた古代史で、倭国年号が522年善記から大宝まで記載され、続いて慶雲以後の大倭年号が続きます。日本大文典の倭国年号の存在は、ウィキなどにも記載されていません、「日本大文典」の実物を手にとって見てください、感動すること間違いありません。    宜しくお願いします。

投稿: つちかべ | 2014年1月 4日 (土) 07時42分

701年の大宝の時期についてどのように考えておられるのでしょうか。律令開始の重要時期と思うのですが。大変革の時期と思うのですが。

投稿: いしやま | 2014年1月 4日 (土) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/56959857

この記事へのトラックバック一覧です: 倭国の興亡190:新王朝の成立・・・倭国の終焉:

« 燃料の切り札か、メタンハイドレート | トップページ | TPP交渉参加 »