« 倭国の興亡167: 初の女性皇太子が即位・元正女帝 | トップページ | 木瓜がちらほら »

2012年12月12日 (水)

選択が難しい政権党

 連日、選挙に絡む記事が多くて、その中に、各政党の主張点や公約が記載されているが、正直言って、政党の数が多いだけに、重なり合う部分が多く、これら公約・主張点だけでの比較で選ぶのが難しい。夫々の政党の離合集散を知っているだけに、言っていることが2転3転している事が解り、選ぶのが本当に難しい
 政党は別にして、個人の評価となると、これまた新人が多く、選挙区内の支持したい人の事ががよく判らない。印刷物や演説ではいいことしか言わないものだ。
 今回の選挙は、投票率も悪くなるだろうし、その結果も民意を表すのか疑問である。
 ところで今、9時45頃に、北朝鮮が”ミサイル”を発射し、10時1分、沖縄上空を通過し、10時5分頃、フィリッピン東海上に落下したとのニュースが出ている。 
 今日は冬枯れの中に目立つものを掲載。
Photo  ブーゲンビリア。和名はイカダカズラ(筏葛)。今頃民家の庭などに咲いているこの青紫色の木は、野生種に近いもので、福岡あたりでも今頃咲いている。(園芸種は室内でないと駄目)。花に見えるのは包葉であり、花は中にある小さく白いものが花である。
Photo_2  カラスウリ(烏瓜)。花のないこの時期、この赤い実が目立つ。烏瓜の実である。花は7-9月頃の日暮れ頃開き、明け方には萎むので、あまり見かけられない。白い花で、蝙蝠などの夜行動物に、受粉のため、目立つようになっているとか。

|

« 倭国の興亡167: 初の女性皇太子が即位・元正女帝 | トップページ | 木瓜がちらほら »

古代史、邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/56303936

この記事へのトラックバック一覧です: 選択が難しい政権党:

« 倭国の興亡167: 初の女性皇太子が即位・元正女帝 | トップページ | 木瓜がちらほら »