« 果実が実る秋 | トップページ | 倭国の興亡161: 律令国家への主な改変 »

2012年11月20日 (火)

争点不明の選挙戦か、返り花?咲く

 早くも選挙戦の様相を呈しているが、各党とも未だ準備不足のためか、今一つ明確な主張点がない。そもそも立党の基礎たる主義主張が無く、只多数を制するための寄合の感がする。要するに各党の明確な主張点がはっきりしないので、こんなに多くの党があっても殆ど区別がつかない状態である。多分まだまだ離合集散が続きそうだ。
 植物界も四季の区別がなくなったか、春に見た花が今頃咲いている場合が多い。所謂帰り花かと思っていたら、今日の花は今頃も咲く花と図鑑にあるのを2点。
Photo  ホトケノザ。これは当ブログで3月16日に載せている。それが今頃このように群生している。不思議に思って図鑑説明を見ると、元々3-6月に咲くが、秋にも咲くと書いてある。結構そんな草花は多いようである。
Photo_2  ノアサガオ。是こそ小生の認識不足。この朝顔は
沖縄原産の種であり、夏から秋にかけて咲き、暖かい所では冬枯れしない品種だそうだ。秋に古い蔓を切って土に埋めれば芽が出るそうで、今頃花を咲かせていても不思議でないそうだ。朝青い花が昼には紫色に変わってくるというから、見分けやすい。

|

« 果実が実る秋 | トップページ | 倭国の興亡161: 律令国家への主な改変 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/56152747

この記事へのトラックバック一覧です: 争点不明の選挙戦か、返り花?咲く:

« 果実が実る秋 | トップページ | 倭国の興亡161: 律令国家への主な改変 »