« 倭国の興亡94: [異説] 磐井の乱は倭国とヤマトの激突 | トップページ | 倭国の興亡95: [異説] 安閑・宣化朝と欽明朝二王朝並立説 »

2012年2月11日 (土)

梅一輪

   梅一輪いちりんほどのあたたかさ   服部嵐雪
 
梅の句では最高傑作との定評のある句である。丁度今頃の時期の句である。
Photo  
嵐雪は蕉門十哲(芭蕉門下の優れた10人の俳人)の一人。因みに、師匠の芭蕉には「梅が香にのっと日の出る山路かな」などの句がある。
Photo_4  
掲句のように、この時期、梅は寒さの中で一輪一輪と咲き始める。私がこのブログで1月30日に紹介した梅の蕾を時々見に行くが、このところの寒さで梅の木も縮み込んで仕舞ったか、蕾は一向に動いていないようだ。
  それでも、若木はぼつぼつ花を開き始めている。この紅白の梅たちも、夫々若木でその枝先にはちらほらと花を付け始めていた。写真一輪の紅梅:まだ咲かぬ白梅の蕾:紅梅だが桃色の梅

Photo_3  来週は寒が緩むとの天気予報だが、大いに期待して今しばらく我慢をしよう。しかしながら、昨日の長期予報では、今期は冬の時期が昨年に比し、約1ヶ月遅れているようで、この寒さもこれからが本格的な寒さで、あと1ヶ月は続くと報じていた。
 北陸や東北の積雪は大変なもので、家屋の倒壊や、雪下ろしで人命が失われている。政府は除雪救援隊派遣を検討すべきではないだろうか。

|

« 倭国の興亡94: [異説] 磐井の乱は倭国とヤマトの激突 | トップページ | 倭国の興亡95: [異説] 安閑・宣化朝と欽明朝二王朝並立説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

関西はここ数日天気は悪そうです。
白梅では冬至、紅梅では寒紅が満開に近いようですね!各地の盆梅展も見頃ではないでしょうか?今年はまだ梅の匂い経験していません。

投稿: 自遊人 | 2012年2月13日 (月) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/53955683

この記事へのトラックバック一覧です: 梅一輪:

« 倭国の興亡94: [異説] 磐井の乱は倭国とヤマトの激突 | トップページ | 倭国の興亡95: [異説] 安閑・宣化朝と欽明朝二王朝並立説 »