« 倭国の興亡91: 任那の滅亡と「調」の演出 | トップページ | 倭国の興亡92: 筑紫君磐井の乱 »

2012年1月30日 (月)

梅膨らむ

Photo  先日からの極寒は緩まず、今週は一段と冷え込む予報だ。こんなに寒くても立春になると蕾が膨らみ始め、2月中~下旬に咲き始めると新聞記事にあったのを思いだし、梅の木を観察しながら歩いた。
 と、見つけた!蕾どころかこれは咲いている!。別に驚くことはないが、最早こんなに咲いているとは思わなかった。多分毎年早く咲く梅だろうと勝手に決め込んだが、さすがに、これ以外には開花している梅は無かったので、やはり珍しいのであろう。

Photo_2  他に見た限り、ようやく蕾が膨らみ始めたのが早い方で、殆ど芽が動いてないのが多い。それが普通だろう。
 。これは毎年みかける神社の紅梅の蕾である。これだと、あと十日もすれば咲くのでないかと思われる。
 。これも同じ場所の白梅の蕾である。どちらかと云うと白梅の方が早く咲くような気がするが、蕾の大きさは変わらない。
Photo_3  あと1か月もすれば多分、ウグイスが花を啄みに来るであろう。

 ところで、梅は分類上、バラ科のサクラ属(Prunus)のウメ(mume)だそうで、学名はPrunus mume だそうである。バラも桜も梅もそれぞれ全く別の植物と思っていたが、同系統の植物とは初めて知った。

 

|

« 倭国の興亡91: 任那の滅亡と「調」の演出 | トップページ | 倭国の興亡92: 筑紫君磐井の乱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

沈丁花も蕾が膨らんで来ていました!

投稿: 自遊人 | 2012年1月30日 (月) 19時22分

1年で一番寒い時期かと思ったら、春の訪れを感じさせる風景もあるんですね。
毎年、春が来て花が咲きはじめると1年たったなぁって感じますが、こんなに寒いと暖かい春が待ち遠しいです。
でも、また花粉もやってくるんですよね・・・・・

投稿: Y | 2012年2月 1日 (水) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/53860329

この記事へのトラックバック一覧です: 梅膨らむ:

« 倭国の興亡91: 任那の滅亡と「調」の演出 | トップページ | 倭国の興亡92: 筑紫君磐井の乱 »