« 倭国の興亡86: 継体の大王即位と群臣 | トップページ | 倭国の興亡87: 蘇我氏の台頭と欽明天皇 »

2012年1月 9日 (月)

厳寒に咲く

 やはり小寒を過ぎると、本物の冬か。天気予報までは気温が上がらず寒い! ウオーキングも耳までかぶる帽子に、ダウンを来て、手袋をした手をポケットに突っ込んで歩いていた。・・・と、町家の日当たりの悪い坪庭にこの花()を見つけた。

Photo  ヒョッとして「ローバイ」ではないかと、近寄ると「葉」がついている。しかし、花(の拡大写真)は確かにローバイ(蝋梅)である。やや日当たりも悪いが、風が当らぬ上に、昨秋の天候不順で落葉しなかったのでは・・・、と思っている。普通は枯れ木に花のみが着く筈だが。

Photo_2  何れにしても、当地では2月にならぬと咲かないが、今年は早いのか。因みにローバイの学名はChimonanthus(チモナンサス)で、Chimon(冬)+authos(花)の合成が語源で「冬の花」の意とのこと。花期は12月末~3月中旬というが、福岡では2~3月によく見掛ける。

|

« 倭国の興亡86: 継体の大王即位と群臣 | トップページ | 倭国の興亡87: 蘇我氏の台頭と欽明天皇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう蝋梅が咲きましたか! 季節は着実に前進している。

投稿: 自遊人 | 2012年1月10日 (火) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/53693401

この記事へのトラックバック一覧です: 厳寒に咲く:

« 倭国の興亡86: 継体の大王即位と群臣 | トップページ | 倭国の興亡87: 蘇我氏の台頭と欽明天皇 »