« 珍しい菊 | トップページ | 謹賀新年 »

2011年12月29日 (木)

倭国の興亡84: 継体天皇、死の謎

 継体天皇の出自が謎めいており、又大和入りがかなり遅れたこと等から、継体は前仁徳王朝とは皇統の異なる新王朝の征服説があった。しかし最近、応神からの4代の系譜(「上宮記」による)も信頼性がある事がわかった。又、当時の有力氏族、大伴・物部や蘇我氏とは比べるべくもないが、古くより王朝とかかわりを持ち続けた息長氏の末裔であり、後代には敏達-彦人大兄-舒明-中大兄(天智)と息長氏系の王統が形づくられ、応神(仁徳)の王統を引く大王家の血筋とするのが正論となっている。しかし、謎はまだある

 「書記」によれば継体の崩御531年で、摂津国嶋上郡にある藍野陵に葬られたと伝える。現在、宮内庁が継体陵としているのは、大阪・茨木市・太田茶臼山古墳である。しかし、考古学者は誰も信頼してない
84_2   現在考古学者が真の継体陵と考えているのは、高槻市・今城塚古墳写真図示)である。こんなことになった原因は、継体の死に謎が多いからである。先に書記の531年説を書いたが、書記の「ある本」では534年崩御とあり、又百済本記によるとの注釈つきで次の文がある。『又聞く、日本の天皇、及び太子・皇子、俱(トモ)に崩薨(カムサ)りましぬといえり』という、ただならぬ内容の文章を書記は引用している。又書記はこのあと安閑天皇即位まで二年の空位を置いている。これらの記述は辛亥年(531年)に継体がなくなったというが、倭王権内部に何か異変があったことを想起させる。
 以上継体の没年は527年(古事記)、531年(百済本記)、534年(書記ある本)と3説あり、安閑・宣化を経て欽明即位に至る間の天皇没年や即位年は文献によりことなり、定説がない混乱ぶりである。
 欽明を支持する蘇我稲目が現れ531年「辛亥の変」と呼ばれるクーデターが起こり、欽明ー蘇我政権が誕生するが、これに対抗した大伴金村が2年後に安閑・宣化ー大伴政権を樹立して両朝が対立して、内乱まで起こる状態が9年間続いたとする説がある(林屋辰三郎氏)。2年間の空位を暦の違いとする説もあり未だ結論を得ていない。

|

« 珍しい菊 | トップページ | 謹賀新年 »

古代史、邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/53596596

この記事へのトラックバック一覧です: 倭国の興亡84: 継体天皇、死の謎:

« 珍しい菊 | トップページ | 謹賀新年 »