« 晩秋を歩く | トップページ | 色づく柑橘類 »

2011年11月29日 (火)

倭国の興亡77: 古墳時代の人々の生活

 6世紀に榛名山は二度の大噴火により、火山灰が多くの遺跡を残してくれた。5、6世紀には既に平地建物が多くなり、1棟の竪穴住居に、数棟の平地建物を垣根で囲んだ形態が屋敷地であったようだ。竪穴住居に竃があり煮炊きをして、平地建物は納屋家畜小屋に使われた。屋敷地に高床倉庫家畜小屋を持つ有力農家とそうでないものがあり、農民にも階級差が発生していた。第一波の渡来人がもたらしたは、5世紀後半には東北地方まで伝播する。
77jpg  榛名遺跡群には首長の居館と古墳がセットになった「三つ寺 I 遺跡」と名付けられた巨大居館跡がある(左図:遺跡復元図)。居館部分は約86m四方で、周囲には巨大なを巡らし、その斜面は河原石を石垣状に築き、要所には張出施設、柵列など防御機能を備えている。ここの在地首長が政治をとり、祭祀を行い、金属製品の生産、貢納物を蓄積し、地域社会の支配者として君臨した拠点である。

 この近くの保渡田古墳群図は復元図)は、5世紀後半から6世紀にかけて三つの前方後円墳が築かれた。墳丘長100m前後で、二重の濠を巡らし、多数の人物・動物の埴輪を立て並べていて有名である。上記居館の主の古墳と考えられている。

77  保渡田古墳群の西方1キロの地点で、下芝谷ツ古墳という列島と半島双方の特徴を備えた珍しい古墳が発見された。約20mの方墳であるが、傾斜が急な二段築成で、埴輪を巡らした列島の特徴を備え、上段は河原石で積んだ積石塚形態をとって半島に分布するものだ。被葬者は多分渡来集団の首長と思われる。金銅製飾履金製装身具、入念な作りの馬具類が副葬され、半島に多い金製品がは国内では十数例しかない発見例である。上毛野地方を本拠地とした上毛野氏は倭王権の重要な地位を占めたが、渡来人の一部をここに住まわせたと考えられる。仁徳紀の記述とも合致するという。 

|

« 晩秋を歩く | トップページ | 色づく柑橘類 »

古代史、邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/53362161

この記事へのトラックバック一覧です: 倭国の興亡77: 古墳時代の人々の生活:

« 晩秋を歩く | トップページ | 色づく柑橘類 »