« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

倭国の興亡42: 東アジヤ情勢と卑弥呼の外交

 卑弥呼が倭国の女王となった3世紀初め遼東は公孫氏の統治下にあり、楽浪郡を支配下に置き、帯方郡を設置した。消滅寸前の後漢朝に依存したイト倭国が衰亡し、これに変わった新倭国は当然公孫政権を選んだ。しかし、倭国と公孫政権の外交記事全く残っていない。公孫氏の下賜品は雑多な後漢式鏡であり、3世紀初めも依然として北部九州を中心とし、近畿から一部、北陸や東国からも出土し始めている。それは楽浪系土器や陶質土器などの舶来品や鉄器生産依然大卒が置かれた伊都国を通して供給されつつ、次第に畿内に移り変わる状況とも見合い、伊都国を窓口とした新倭国の入手した鏡である。
Photo  中国本土では魏・呉・蜀が鼎立し、公孫氏は魏と呉の抗争に翻弄された。公孫淵4代となった翌229年魏の呉王だった孫権は独立し皇帝を名乗り、公孫氏に寝返りを求めた。公孫淵は孫権に上表文を奉呈し燕王に冊封されたが、魏に寝返り大司馬・楽浪公に叙任される。疑心をもった魏は蜀漢との戦線が好転すると同時に公孫淵を攻め233年公孫氏は滅亡した。

 卑弥呼が魏に遣使朝貢したのは翌234年だった。魏が中国の門戸である楽浪・帯方郡が復活したこともあったが、魏への服従がヤマト政権の唯一の延命策だったのである。もっとも魏にも倭との君臣関係が必要だった。当時倭国をのとおり、北部九州の南に伸びた島国と認識し、呉を背後から脅かすこの上ない勢力と期待し、倭人伝のとおり万戸を超える大国の集まりとの認識があった。まさに近攻遠交策で、外蛮にしては破格の「親魏倭王」金印紫綬まで授け封冊し、軍事的てこ入れまでしたのである。
 そこには北部九州を中心に数世紀にわたる外交ノウハウが間違いなく伝授されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

梅雨時の花

 昨日まで青空が出て、全国的な猛暑であったが、台風の影響もあるのか、今日は一転して梅雨空。夏が近いと思ったが、今しばらく、梅雨前線は居座りそうだ。今時不愉快なものが居座るのが流行っているのか。梅雨時の変わった花を撮りました。

Photo  これは、メキシコマンネングサ。マンネングサの仲間は多く、葉、花とも色々ある。これは庭先に時々見かける10cmほどの丈の可憐な花。原産地は不明と言われるが、外来種には間違いなさそうだ。

Photo_2

 これはユッカリュウゼツラン科の花で、この花は背丈以上になっている。山辺の灌漑用池の縁に植えられているもので、つい先日までススキ他雑草が生い茂っていた関係で、このユッカの花茎も負けずと伸びたものだろう。普通のリュウゼツランは滅多に咲かないが、ユッカは観賞用だから、毎年咲く。北、中央アメリカ原産、実、花、葉は食用にもなる由。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

倭国の興亡41: 邪馬台国九州説

 前々回、邪馬台国纏向説が台頭してきたことを述べた。しかし、論拠となる決定的な遺跡や物的証拠が出土したわけではない。そこで今回は今でも意気軒昂な最近の邪馬台国九州説について紹介する。
 近畿説が採る邪馬台国東遷説について、正史の「日本書紀」には邪馬台国や卑弥呼の存在さえも記載されていない。即ち、邪馬台国ヤマトに発生した王権とは全く関係のない存在だったのである。
・1~2世紀の頃、日向を少人数で出奔し大和盆地に来た人物(神武)がいた。
・8代崇神天皇は三輪地方も支配下に入れ、大和を統一した。
・孫の10代景行天皇は南九州から関東まで勢力を伸ばした(北九州には入れず)。
・その孫の12代仲哀天皇は神功皇后と共に熊襲征伐に筑紫に下り、北部九州も傘下にいれ、統一国家ができた。とする建国物語が日本書紀にあるだけである。
 一方中国の史書『魏志倭人伝』に初めて「邪馬台国」に都する倭国王『卑弥呼』の記事があるが、3世紀半ば卑弥呼死後、邪馬台国の記事は中国史書に出てこない。以上からは、邪馬台国が九州にあったことを否定する根拠は皆無である。

 それ故、改めて邪馬台国九州説の論拠を挙げよう。
.前回記述通り、『魏志』「倭人伝」の記述は絶対に間違っていないとするのは盲信。事実は特に所在地に関しては方位、距離とも殆ど信用できない
.邪馬台国が当時の列島で一番進んだ強力なクニであったと思い込んでいること。邪馬台国は単なる九州北部地方の部族的クニの一集合体だったのである。
.畿内説は当時発展したクニが機内に存在したことを論証しているが、それが「邪馬台国」であるという論証が一つもない
.倭人では卑弥呼の塚は(円形で)径百歩(150m位)とするに対して、箸墓は後円部だけで160m、全長280mの広大な墳墓であり、卑弥呼の墓と証拠立てるものが一つもない
築造年代が卑弥呼が248年没したとするに対し、出土土器270~280年代のもので、年代が合わない。最近はC14測定法にも疑問符が打たれる。
.卑弥呼がもらった銅鏡100枚の「三角縁神獣鏡」はすでに400枚以上出土し、中国製は少なく、殆ど国産である。証拠にならない
.もし纏向が邪馬台国であれば、大和朝廷がこれを滅ぼしたことになるが、魏との壮大な交流を行っていた筈のヤマト朝廷の記録として残っていないのも不思議である。

 このように、邪馬台国は筑後、豊前などに存在し、肥後あたりに狗奴国があったとするほうが余程自然であり、大和朝廷北九州に支配を及ぼしたのは邪馬台国時代より1世紀あとの4世紀に入ってからである。纏めると、
.この当時の畿内の弥生集落に、後に王権へ発展する要因が希薄なこと
.畿内諸遺跡から出土する鉄製品が少なすぎる(戦いに不可欠の鉄製武器が殆ど出土しない)。また、大陸との交易品がもっと出土すべきである。尚畿内は、長老制による祖霊信仰が主で、北部九州のような首長制になるのは3世紀以降だ。
.邪馬台国にはイト国の影響が大きく一大卒を置いている。イト国とは近しい関係でなければいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

梅雨も終末に近いか

 政界は相も変わらず”梅雨”状態。昨日は全国的に晴れた様子で、久しぶりに青空となった。気温も上がり夏近しと思ったが、今日は又朝から梅雨状態。でも梅雨明けは近そうだ。政界も何とか梅雨明けとなりそうだが・・・・。

Photo  好天気なので昨日は久しぶりに近くの公園を散策した。毎年今頃咲く花が咲いていた。この花、アガパンサス(ユリ科)といい、明治中頃に渡来したものだそうで、丈が1m近くなる。
 クンシランに似ているので、別名「紫君子蘭」ともいわれるが、クンシランはヒガンバナ科で全く異種のものだそうである。

Photo_2  郊外の田園風景。この辺りは毎年、田植えが遅く、この田圃は最近(多分先日の土・日曜日)に植えられた様子。今年は震災の影響で農産物も減少するだろうから、西日本では東北の分まで頑張って生産してほしいものだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

倭国の興亡40: 『魏志』「倭人伝」の真偽

 宮崎康平氏の「まぼろしの邪馬台国」が火をつけた邪馬台国論争は「魏志倭人伝」の読み解きでは解決できず、又最近飛躍的に進展した考古学的見地からも、九州論と纏向論に割れたままである。邪馬台国論争は、大方の方がご存じなので、詳説は避けるが、非常に大雑把な概要だけを今回記しておきます。

 魏志倭人伝は、中国の魏、呉、蜀三国の歴史を書いた『三国志』のうちの『魏書』の最後の30巻「烏丸鮮卑東夷伝」「東夷伝」「倭人の条」のことを言う。
 編者は陳寿(233年生)で、この三国志が完成したのは西晋の太康年間(280~290年)。この間陳寿は一度も洛陽を出ていない。従って倭国に関しては過去の資料や入貢者等からの伝聞をもとに記述したもの。倭が朝貢した頃、魏の権力者曹真が西方の大国「大月氏国」に「親魏大月氏王」の称号を与えたのに対抗し、魏の重臣司馬氏も遼東から朝鮮に勢力を持っていた公孫氏を破り、その東の『邪馬台国』と国交を持っておるので、対抗上、大月氏に匹敵する大国とする必要から、『邪馬台国王』に対し「親魏倭王」の称号を与えたといわれる。又蜀の出身ながら魏に敗れ、のち司馬氏の興した西晋に仕えた陳寿は、魏書編纂時、憎き大月氏国を省き、代わりに東夷伝に「倭人の条」を加え「邪馬台国」を載せたという。
Photo  このような背景で書かれた倭人伝だから、可なり誇張されたものになっている。
 魏志倭人伝は約2000文字で書かれ、倭国に存在する30余国の方位や距離、人口、倭人の生活習慣、衣食住につきかなり詳しく著述している。
 問題なのが邪馬台国の所在地図は倭人伝で所在場所を記述した部分)である。佐賀の伊都国・奴国まではほぼ正確であるが、それ以降の諸国の方位も距離も全く信用できない。まず日本列島を半島の南にある南北に細長い島と考えていた節がある。だから、漢や魏時代の中国では、邪馬台国の所在は不明であったろうと考える。
 即ち倭人伝から邪馬台国又は倭国の王都を探ることは不可能とみるべきだ。尚、日本の正史ともいうべき「日本書紀」には邪馬台国及び卑弥呼は一切記載していない。これはヤマト王朝を正統とするもので、邪馬台国九州に存在した単なる部族小国家連合であり、漢書、魏書、或いは隋書に記載されているのはその九州倭国で、6世紀ごろヤマト王朝に滅ぼされたとするものであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

政界の梅雨明けはいつ?

 鬱陶しい状況が続いている。今時政権争いしている時じゃなかろうに、いつまでこの政界の梅雨状態は続くのか。世界の物笑いになるよ。

Photo  その梅雨の雨が小やみになって歩いてみた。道端の花も雨に打たれてみじめな姿であるが、中にこんな綿毛のようなのが、目についた。周りはヒメジオンなどが咲いているが、このように綿毛状のはない。これはなんなんでしょうか。

Photo_3

 これはムクドリだろうが、公園に群れなして飛び回っている。雛が孵っての群れなのか。ものすごく敏感な小鳥で、近づいての写真がなかなか取れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

倭国の興亡39: 前方後円墳の出現とヤマト政権の系譜

Photo  纏向には箸墓古墳に先立ち3世紀前葉から後葉にかけて、前方後円墳の原型とみられる「纏向型」とも呼ぶべき後円部に比し前方部が小さい古墳が6基造営された。(図は纏向古墳群)。同様の小型の「纏向型」古墳が、3世紀後葉から4世紀初めににかけ、鹿児島から北は福島までヤマト王権共立に加わった王たちの墳墓が点在する。特に中・東部瀬戸内や北九州には集中する。
 この「纏向型」前方後円墳の原型は吉備の楯築墳丘墓であるといわれる。円丘部径と突出部長の比が2対1であり、突出部1つ外せば「纏向型」にそっくりなことや首長霊継承儀式を直接引き継いでいることがその理由である。
Photo_3  この墳墓は中国の思想「天円地方(後円部=天、方丘部=地)、陰陽説、神仙道教的思想」を日本的にアレンジしたものであり、新生倭国の遣使が洛陽で武帝即位の祭祀(266年)でみた巨大な南円北丘での儀式が、この後の前方後円墳の巨大化に影響したとの説もある(図は箸墓古墳)

 この纏向に誕生したヤマト政権の権力母体は、九州王権でも、近畿の部族国家連合でもなく、筑紫、吉備、播磨、讃岐や出雲、近畿の1勢力の連合政権であり、纏向型墳丘墓が楯築墳丘墓が原型となっていることから、キビ国とその国家連合が主導権を握っていたとみられる。
 尚、纏向にあるホケノ山古墳は箸墓古墳に先行し3世紀中頃の築造であり、竪穴式石槨がうまれる直前のもので、瀬戸内中・東部地域との深い関係を示している。又、三角縁神獣鏡は副葬されず、画文帯同向式神獣鏡2面が足元に副葬されていた。首長霊継承の秘儀が引き継がれ一層の整備がなされた形跡がある。被葬者は卑弥呼側近の有力な男王との見方もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

似て非なる花

 梅雨は中休みか、ここ2、3日は雨も降らず、青空さえ見える日が続く。ひょっとして早くも梅雨が明けるのではないかという期待と、猛暑到来ー電力不足ー病院・療養施設の機能不全の恐れ・不安が頭をよぎる。こんな時、政府の復興対策は遅れるばかり。イライラの募る日々である。
Photo  日差しが強くなったせいか、視線が下にゆき、草花に目が行く。今日の花は今の時期、野原や道端に一杯咲いているヒメジヨン。花径が1.5cm前後と小さな花を付けている。これに非常によく似たハルジオンは花径が2.5cmとやや大きい。
Photo_2  中の写真。上に非常によく似た花を付けているが、これは最近彼方此方の庭先、門周辺などに多く植えられているペラペラヨメナ。草丈は短いが、花茎は2、30cmと長くなる。面白いのはこの花、古くなってくると、赤色に変わってくる。写真の上部の方の赤い花がお分かり頂けるかな。結構長期間咲いている。

Photo_6  上の話と全く関係ないが、これは神宮の菖蒲園での写真。菖蒲を見に行ったら、池の中に伸びた楠の幹に亀が乗っかり甲羅干しをしている。なんとなくユーモラスな感じが面白く、撮ったものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

倭国の興亡38: ヤマト王権の誕生と王都纏向の出現

 纏向遺跡は奈良盆地東南の三輪山と巻向山に挟まれた小高い扇状地に、3世紀初めに突如として現れた。それ以前に存在した周辺の弥生環濠集落はこれ以降衰退或いは消滅した。
Photo_3   現在、一部しか発掘されてないが、巨大な運河が造成され、最盛期には1.5km四方に及ぶマチが建設され、後の藤原京や平城京に匹敵するもので、一昨年には巨大な宮殿かとみられる柱跡も見つかっている(写真は発掘時)。大規模な土木工事の痕跡も随所に窺われ、両岸をヒノキ矢板で護岸した巨大運河は2.6キロに及んでいる。纏向は難波津で外洋船から川船に乗り換え大和川、初瀬川と遡り、陸路に切り替えるもっとも奥まった港市だ。
Photo_4   土器は大量出土しているが、外部からの搬入土器が30%以上のところもあり、搬出元は南九州から南関東にまで及び、瀬戸内中・東部、山陰、北陸及び伊勢湾沿岸部からのものが多い。この範囲は3世紀倭国の推定範囲を超えている。
 2世紀末、勢力を保っていたイト国を盟主とする倭国、新たに勃興してきた出雲、吉備両国が近畿地方も含め、「倭国大乱」を収めて、出現した連合体”ヤマト”の中枢が置かれた王都と目されている。それが卑弥呼を盟主とする「邪馬台国」かどうかは議論がある。従来の部族的連合体とは異なり、異質の祭祀圏や利害相反する部族間を超えて新たな王権の元で、対外的に結束したもであろう。

 集住が進み、3世紀前葉から後葉にかけて、全長100mを超す前方後円墳が矢継ぎ早に築造され、「定型化前方後円墳」である箸墓古墳(全長280m)も築造された。この古墳の後円部にはキビの首長霊継承儀礼の特殊器台・壺が建てられ、キビの弧体文の系譜をひく木製・石製の呪具も見つかっている。
 書記には倭迹迹日百襲媛(ヤマトトトヒモモソヒメ)を箸墓に葬ったとあるが、これが卑弥呼でないか、いや神功皇后の墓でないかと議論されている。
 尚、纏向には実在したと言われる10代崇神(磯城瑞籬宮)、11代垂仁(纏向珠城宮)、12代景行(纏向日代宮)天皇の都宮が集中している。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

珍しい花

 梅雨入りしたが、今年も豪雨型といわれ、あまり雨が降らず、曇って蒸し暑い日が続いている。政界も、菅さん降ろしを決めたものの、相変わらずの粘り腰と、決定的な次期候補の不在、野党も今一つパンチがなく、政界も梅雨入りした感じである

Photo  散歩していて見つけた変わった花。パッと見た瞬間、ウサギが耳を立てたような花だと感じて、これは珍しいと近づいてよく見たら、錯覚だった。

Photo_2  拡大すると下のように、同じところから左右に花が出ていて、やや重なっているところはウサギが耳を立てている感じになっていた。
 家の近辺を歩くとき気を付けてみたが、同じ花がもう一か所植わっているのを見ただけで、あまり普及してないようだが、最近移入したものであろう。
 それにしても、前にも書いたが、神様はどうしてこんな変わった花を作ったのだろうか。いや、これは神様でなく、人間が拵えてものであろうな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

倭国の興亡37: 首長霊の誕生から王権の確立へ

 200年頃、吉備に誕生した楯築墳丘墓は、後の前方後円墳と共通する要素を備え、最古の前方後円墳といわれる纏向型前方後円墳の原型と言われる。そして、前方後円墳に立ち並べられた円筒埴輪の起源ともいわれる巨大な特殊器台の壺(写真)が編み出された。「王の中の王」の死に際して、執り行われる秘儀で立て並べられ、儀式終了後破砕された。
Photo  この特殊器台の出現は、従前の銅鐸のマツリが終焉し、吉備では弥生後期末には特殊器台に変わったのである。そしてさらには3世紀後葉には円筒埴輪へと変貌するが、この変化はそれまで銅鐸が持っていた穀霊や共同体守護霊の強化という機能が、首長個人の霊力を増幅し、結果的に全体利益を守護する呪器に変貌したのだ。そして共同体守護霊は祖霊だから、穀霊と祖霊を融合した霊を首長が身に帯びた。首長の死は首長権の継承だけでなく、共同体全体の維持発展を守る最高の統合神が霊として新首長に継承されるのである。

 平原や西谷(出雲)の墓壙を覆う建物や柱は「秘儀」を執り行う目隠しだけではなく、悪霊や穢れから隔離し、霊継承のエネルギーを充満させる神聖な空間を作り上げるための結界だったと考えられる。
 したがって、霊の継承儀礼に使用された鏡、玉、特殊器台などを壊すのは、なき王の魂は祖霊となって新王と共同体を守るカミとなるためである。即ち継承のための呪器は、後戻りできない1回限りの秘儀を確実に成し遂げるためにも、破砕されねばならなかった。
 弥生時代の最後の王墓は、首長霊継承儀礼が新しく生みだされ、この儀式が前方後円墳の本質と新しい倭国の支配原理へと受け継がれて行くのである。そして、首長が王権を確立し、さらに大王へと変貌する一歩を踏み出した時期ともいえる。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

草叢の中の可憐な野草

 昨日は大きな変動が二つ。
一つは、管内閣不信任案は否決したものの、震災の処理、二次補正予算の大枠を決めた、速やかに退陣との約束の有無で大揉め。誰が見ても退陣約束との印象がったが、本人はその積りでない様子。全く政治の世界は1寸先闇だが、震災で困窮している方々の生活をどう見ているのか。多分世界中が呆れているのでないか。
も一つは、遂に我がホークス交流戦に黒星がついた。不敗伝説ならず!
 ところで、ウオーキングは足元の可憐な草花を追って歩いた。草叢の中で、よく見ないと分からぬ位本当に小さな(1.5cm前後)花を一杯つけて咲いている花を撮ってきた。
Photo_2 これはニワゼキショウ(庭石菖)。小さいながらも、はっきりした花をつけている。今時分はこの花があちこち沢山咲いているが、やはり、気を付けて見歩かないと見過ごしそうだ。庭の片隅に植えてもよさそうだ。


Photo_5  これはマンネングサの一種で、ツルマンネングサでなかろうか。黄色で花径も2cm近いのでよく目立つ。この花はごく一部で見かけただけで、どこにでも咲いているわけではなさそうだ。これなどは栽培しても十分庭を明るく出来そうだ。
Photo_6

 これはカタバミの一種。ムラサキカタバミであろう。葉もクローバーの葉を少し大きくした感じで、花も葉もやさしい感じの花である。これはまさしく草花だから、花が落ちれば雑草で、観賞用に庭植えするのは如何なもかと思うが、群生すれは美しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

倭国の興亡36: 倭国乱の序章:イト国の興隆と没落

 弥生前期以来、大陸からの玄関口の港湾国家として発展したイト国は、紀元前後には前漢王朝の威光をで、ナ国と共に大”部族国家”として成長し、2世紀初め後漢王朝の威光を以て、帥升のイト国は倭国の盟主の立場に立った。
 その後も王都三雲は健在で、後期中頃から後葉のイトを支えた各国の王墓が福岡・前原ー糸島地域に点在し、その遺跡から複数の銅鏡、玉類、水銀朱などが出土している。中でも平原遺跡の王墓(後期末)からはイト国最後の女王とみられる多数の副葬品が出土した。
Photo  市井の考古学者として有名な原田大六氏が発掘を担当し、氏はこの1号墳を弥生古墳とと命名している。方格規矩四神鏡32面のうち6組14面もの同型鏡が知られており、2世紀末にまとめて入手し、副葬したと考えられている。入手先は中国にはない銘や様式の混乱、鋳造技術の稚拙さなどから、遼東で勢力を拡大しつつあった公孫氏や楽浪・帯方郡との外交入手が想定されている。
 再発掘で径70cm(高さ15mを予想)の柱穴が発見され、又大きな墓壙、掘立柱建物など発見され、祭殿や王の死に際しての秘儀が行われたことを推測させる。写真の連弧文鏡はこの時期世界最大と言われる直径46.5cmの倭製最古の大型鏡で、「記紀」の「八咫の鏡」とする考えもある。

 この頃の中国、遼東情勢は19回に概説したが、2世紀から3世紀にかけての後漢は混迷を極め、中でも184年紅巾の乱以降、倭国は正常な外交関係は保てていない。後ろ盾を失ったイト国に代わり盟主たらんとする国、鉄や舶来物の交易ををもくろむ国々など、辺境の倭国にまで影響を受け、「倭国乱」が訪れたのである。
 156鮮卑族を統合した壇石槐が北辺に侵攻し、又紅巾の乱等により帝国内部からの崩壊が始まった。「桓霊の間」(147-189年)はまさに後漢帝国没落への序章だった。結果前述のごとく、公孫氏(燕)が台頭してくるのである。   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »