« 百花繚乱ー灌木編 | トップページ | 我が庭の花を紹介 »

2011年4月28日 (木)

倭国の興亡27: 高句麗・百済の建国神話

 列島情勢の話が紀元前後に及んできたので、ここら辺りで半島の「建国」神話に転じる。
 古朝鮮以降、最初に朝鮮に建国されるのは高句麗である。宣帝3年(紀元前61年)、中国東北部の松花江流域に天帝の子解慕漱(ヘモス)天下り、王だと名乗り、国の号を北扶余と定めた。解慕漱の子解夫婁(ヘブル)が王位についたとき、夢枕に天帝が立ち、南下して国を興すように命じた。解夫婁は南下して東扶余国を興す。金蛙が王であったとき、水神の河伯の長女柳花(ユファ)を救う。柳花は天帝の孫を身籠っていた。柳花は大きな卵を産み、天帝のご加護により、中から童児が姿を現した。卵生神話である。
 卵から孵った
神童は朱蒙(チュモン)と名付けられたが、その異才が金蛙王の王子たちから妬みを買う。柳花は朱蒙の危機を察知し、南下して身を興すよう勧める。南下して、卒本州の沸流水に至り、そこに高句麗(コグリョ)を興す。時に紀元前37年であった。朱蒙の姓は「解(ヘ)」であったが、「高」に変えた。国の名が「句麗」だから「高句麗」と呼ばれる。初代高句麗王の朱蒙は「東名王」とも呼ばれる。

Photo  東扶余で生まれた朱蒙の長子・瑠璃が高句麗の王位を継ぐことになったので、沸流で生まれた沸流と温祚(オンジョ)の兄弟はさらに南下し、漢江の流域で国を興し、尉礼城を王都とした。兄沸流は海辺での建国に失敗し、弟の温祚は山のあるところで建国に成功する。それが百済(ペクチェ)である。紀元前18年のことである。写真は温祚の祠堂
 温祚は出身部族の扶余族から、姓を扶余とし、後の王都もこれに因み扶余とした。扶余族による建国神話は百済を以て終わる。新羅、駕洛国の神話は扶余族とはつながらない。この頃扶余、濊(イエ)、貊(メク)、と呼ばれる種族が、中国東北部から、韓半島の東海、中部から南部にかけて住んでいた。彼らが離合集散を繰り返し、韓民族の主体的構成民族となったといわれる。

|

« 百花繚乱ー灌木編 | トップページ | 我が庭の花を紹介 »

古代史、邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

あらためて思うことですが・・・・、紀元前の話がこんなに詳しく伝わっているのは不思議なことですね!
ところで、日本では奈良の纒向遺跡で大型建物跡が出土しましたね。またまた邪馬台国論争が起こりそうです。
こちらは未だに謎が多くておもしろいですね。

投稿: Y | 2011年4月28日 (木) 10時49分

 Yさんへ。紀元前後の話は、中国の場合はそれぞれの王朝が前の王朝の歴史を編纂していますので可なり正確です。半島の場合は、日本書紀に相当する正式の国家による編纂史書は『三国史記』がありますが、これは11世紀に書かれており、4世紀以前は不正確なので、中国の史書を参考にします。
 その他風土記や古事記なども参考にはされますが、史実かどうかの検討が必要です。
 そんなことで、謎が多い故に、謎解きの面白さが古代史ファンンが多い原因でしょう。

投稿: 山猿 | 2011年4月29日 (金) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/51514477

この記事へのトラックバック一覧です: 倭国の興亡27: 高句麗・百済の建国神話:

« 百花繚乱ー灌木編 | トップページ | 我が庭の花を紹介 »