« 遅咲きの花々 | トップページ | 震災を癒せ!百花繚乱 »

2011年3月31日 (木)

倭国の興亡21: 青銅器の祭器出現

 水稲農耕が開花した弥生時代になると、豊作を願うマツリを主宰し掌握することは、マツリゴト(政)と表裏をなして、共同体を掌握する首長にとって政治権力を体現することであった。弥生前期末(前3世紀末)に共同体首長に集中した半島由来の青銅武器は、倭でも作られるようになり、前2世紀末頃には首長主催の豊穣のマツリの祭器として独自の発展をする。
Photo_2   中期前葉(前2世紀)に始まる青銅のマツリの第一段階は、銅鐸では2、30cmの小型が、武器系では中細形の銅矛、銅剣、銅戈が共存する。武器系祭器は近畿でも製作され、銅鐸も北部九州で確実に製作されている。ところが1世紀後半からの後期になると、近畿など西日本は銅鐸祭祀圏となり、一方北部九州は銅矛、銅戈祭祀圏に変貌した。銅矛系祭祀器が銅鐸と共存したのは、唯一島根・荒神谷遺跡だけである。

 ところで、銅鐸は祭祀の儀式終了と共に土中に埋納されてしまうのである。なぜ埋納するかについては、隠匿説、保管説、廃棄説など諸説あり定説がない。唯、埋納場所がムラの境界や出入口が多いことから、悪霊、邪気を遮断するためとするのは寺沢 薫氏(橿原考古学研究所長)である。
 銅鐸と違って、武器系は悪霊や邪気と戦うことで豊穣を勝ち取る、積極的で攻撃的な性格を持っているものであり、北部九州は穀霊を守るより、災い撃破することに価値を見出し、共同体の安泰と存亡をかけたのである。
Photo_3  尚、左図の絵は上図の銅鐸に描かれているものである。Aの部分は地霊を力づける呪具を持ったもので、穀霊への祈りである。Bの部分は鳥(白鷺)であり穀霊を表し、それが地霊である魚を咥えている。つまり穀霊が地霊の力を得る、或いは穀霊が大地(水田)に力(地霊)を与えるという。鳥が魚を咥えた図は中国の土器や青銅器に多い。

|

« 遅咲きの花々 | トップページ | 震災を癒せ!百花繚乱 »

古代史、邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/51261565

この記事へのトラックバック一覧です: 倭国の興亡21: 青銅器の祭器出現:

« 遅咲きの花々 | トップページ | 震災を癒せ!百花繚乱 »