« 霧島・新燃岳噴火が続く | トップページ | 寒緩む »

2011年1月31日 (月)

倭国の興亡7: 温暖化と縄文早期

 朝鮮地域における新石器や隆起文土器と呼ばれる土器の出現は、紀元前6000年頃といわれる。継いで、紀元前4000年頃から、櫛目文土器が広まった。東アジヤに分布したツングース系の文化である。
Photo   一方日本列島には半島より約6000年早く、新石器(縄文)時代が訪れ、縄文文化速やかに列島全体に広がった。縄文早期(紀元前14000年頃)シベリヤ東方から千島、樺太経由で細石刃(石器)が広まっており(図参照)、これを伝えた人々が縄文土器を生み出した。つまり、縄文文化は半島は半島から来たものではないことを示し、弥生直前までは日本と韓国の文化系統は異なっていたと言える。
 氷河期終末(1万5千年前)位から、列島は急激に温暖化し始め、約1万年前に現在の気温と成った。温暖化により、広葉樹の繁茂、木の実、猪鹿の生息が始まった。氷河が消え海水面も上がり、内湾が形成、魚介類が繁殖した。この環境変化は、採取、魚労、狩猟を可能にし、定住生活を可能にした。それは、用具の発展を来たし、生活に大きな革命をもたらした。北海道は本州以南より3、4千年遅れたものの、同様の変化が起こり、竪穴生活を営み始めた。
Photo_2  縄文時代に出現した素焼土器は、質量共に際立っており、世界最古といわれる。縄目ほか色んな模様や形状があり、としての深鉢も多く造られた。
 従来縄文文化は北方起源が定説だったが、桜島火山灰の下から縄文早期の遺跡が発見され、2段階説となった最初の段階は旧石器時代からの細石刃を主に石器と無文土の時代で、本州~九州同時に始まっている。次の段階は、九州南部から石皿、敲き石、流体文、隆起線文土器が始まった。
 1万3千年前に南九州に成立した縄文文化は暖流に乗り四国、紀伊半島、東海、南関東まで範囲を広げ、その後、山陰、近畿、北陸地方に北上した。
 縄文期の「定住」が生活に革命的変化をもたらしたが、定住には、竪穴生活のような施設、発生するゴミ処理の場所、死者を埋葬する墓が必要で、考古学ではこの3点を定住集落の要件としている

|

« 霧島・新燃岳噴火が続く | トップページ | 寒緩む »

古代史、邪馬台国」カテゴリの記事

コメント

こうしてまとまった記事を読むと、何となく考古学に魅力を感じます。
定住生活を可能とするまでにどのくらいの時間を必要としたのでしょうか。それこそ霧島の噴火のように、あらゆる危険と背中合わせで生き抜いてきたんでしょうか。
しかし、南九州は本当に大変ですね。まるで厄年のようです。
早く安心して生活できるよう祈るしかないですね・・・・。

投稿: Y | 2011年2月 1日 (火) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/50736409

この記事へのトラックバック一覧です: 倭国の興亡7: 温暖化と縄文早期:

« 霧島・新燃岳噴火が続く | トップページ | 寒緩む »