« 彼岸花 | トップページ | 地球資源、地下水が減っている! »

2010年9月29日 (水)

マニ教「宇宙図」が日本にあった!

 マニ教の宇宙観を描いた「宇宙図」が国内に存在することが判ったと報道された。
Photo  先ずマニ教って何?という方が多いと思う(小生含め)ので、これの簡単な説明。
 始祖は3世紀にメソポタミヤ(現イラク)で生れた「マニ」である。ゾロアスター教やキリスト教、仏教などの思想を取り入れ、万物は光の要素(精神)と闇の要素(物質)からなる善悪二元論の立場をとった。
 地域や民族を越えた世界的な宗教に発展。キリスト教、仏教、イスラム教に影響したが、11世紀頃より衰退し、やがて滅亡した。

Photo_2  今回京都大の吉田豊教授(文献言語学)が国内に存在することを見つけ、「国際マニ教学会」で公表し、画期的と高い評価を受けた。「10層の天と8層の大地からなる」というマニ教の宇宙観の全体像が、ほぼ完全な形で確認されたのは世界で初めてという。上の写真は此の図の上部部分で、一番上が天国、その下の丸の左側が、右が太陽を表わしている。下の写真は地上界で一番下が地獄、その上の楕円の部分が人間が住む地上、そこからきのこ雲状に伸びているのが須弥山。この中間10層の天だが上手の下方部分が10層あるが、スペースの都合でカットしています。 この絵は現在国内で個人が所有しており、137.1(高)×56.6(幅)cmの絹布に彩色で絵が描かれているとか。仏教絵画との比較で、中国の元(13~14世紀)のもので、江南地方の絵師が製作したものと見られている。日本に渡った時期は不明。 

|

« 彼岸花 | トップページ | 地球資源、地下水が減っている! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/49595659

この記事へのトラックバック一覧です: マニ教「宇宙図」が日本にあった!:

« 彼岸花 | トップページ | 地球資源、地下水が減っている! »