« 古代史の謎97:長岡京遷都、短命の謎 | トップページ | 古代史の謎98:旧弊を革新した平安京遷都 »

2010年7月14日 (水)

よく使う名数 その7(九)

 福岡は昨日から激しい雨が断続的に降り続き、あちこち浸水、冠水、場所によっては土砂崩れなど被害が多く、地区によっては公民館や学校に避難しているところもあります。
 又交通網はあちこち運休停止があり、冠水と交通網の遮断で、所定の場所に行けずに困っている人も多いようだ。
 明日早朝には祇園祭・櫛田神社の「追い山」があるが、この天候でどうなるだろうか。政界の混乱と同様天候も大混乱である。早く鎮まる事を祈念している。

 ところで今日の名数は「九」。「四」と共に喜ばれる数字ではないせいか、あまり使われないので少ない。

九界(クカイ):<仏教>迷いと悟りの世界を十種に分けたうち、「仏界」を除いたものを言う。即ち、地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人間界、天上界(以上迷界)と声聞(ショウモン)界、縁覚界、菩薩界(以上悟界)。天上界までの六界は迷いの世界でこれを六凡と称し、声聞界以下は悟りの世界で、仏界も入れて四聖という。
九星:陰陽道で、九つの星に五行を組み合わせ、生年に当てはめ吉凶を判断するもの。よく暦につけられている。
一白(水星=北)、二黒(土星=南西)、三碧(木星=東)、四緑(木星=南東)、五黄(土星=中央)、六白(金星=北西)、七赤(金星=西)、八白(土星=北東)、九紫(火星=南)。
九族:高祖、曾祖、祖父、父、自己、子、孫、曾孫、玄孫。
 他は日用的でないので、省く。

|

« 古代史の謎97:長岡京遷都、短命の謎 | トップページ | 古代史の謎98:旧弊を革新した平安京遷都 »

豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/48873709

この記事へのトラックバック一覧です: よく使う名数 その7(九):

« 古代史の謎97:長岡京遷都、短命の謎 | トップページ | 古代史の謎98:旧弊を革新した平安京遷都 »