« 古代史の謎91:橘奈良麻呂クーデター未遂 | トップページ | こりゃ何だ! »

2010年6月14日 (月)

よく使う名数 その4(六)

 六の付く名数は日常的にはあまり使われていない。主なものも数少ない。
六方:東、西、南、北に天、地が入る。
六気:①陰、陽、風、雨、晦、明。晦は暗闇、転じて月末。②寒、暑、燥、湿、風、雨。
六芸:礼、楽、射、御、書、数。
六宗:<南都>華厳宗、律宗、三輪宗、法相宗、成実宗、倶(ク)舎宗。
六根:目、耳、鼻、舌、身、意。
六畜:牛、馬、羊、犬、鶏、豚。
六道:<仏教>地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅、人間、天上。
六腑:大腸、小腸、胆、胃、三焦(消化吸収、排泄を司る:概念で実体はない)、膀胱。
六義:風、雅、頌、賦、比、興。東京に六義園(柳沢吉保別邸の庭園)がある。
六歌仙:在原業平、僧正遍昭、喜撰法師、大伴黒主、文屋康秀、小野小町。
六曜日:先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口。
六所遠流:伊豆七島、薩摩五島、肥後天草、隠岐、壱岐、佐渡。(島流しの島)

|

« 古代史の謎91:橘奈良麻呂クーデター未遂 | トップページ | こりゃ何だ! »

豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/48626906

この記事へのトラックバック一覧です: よく使う名数 その4(六):

« 古代史の謎91:橘奈良麻呂クーデター未遂 | トップページ | こりゃ何だ! »