« 古代史の謎79:法治国家の原点「律令」完成 | トップページ | 花色が変わるブーゲンビレア »

2010年4月23日 (金)

庭の二輪

 天候不順でよく雨が降る中、健気にも我家の庭の木は、季節が来ると今年も花をつけてくれた。

Photo  これがテッセン。今年は早春に元肥を入れておいたのが効いたか、大きな花をつけた(バックのツツジと比べると大きいのがわかる)。これが最初の花で、あと数個の蕾が付いているので、続いて順次咲き続けるだろう。
 曇天下の撮影で、フラッシュのせいで色がとんだが、実際はもっと濃い青紫である。

Photo_2  昨年ブログ開始時にもこの牡丹を載せた。これもフラッシュのせいで色落ちしているが、実際はもっと濃い深紅の花である。雨除けをしてないので、雨に叩かれ、やや見すぼらしくはなっている。

|

« 古代史の謎79:法治国家の原点「律令」完成 | トップページ | 花色が変わるブーゲンビレア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大きなテッセンの花ですね。お世話が行き届いているからでしょう! デジカメで赤い花を撮るのは難しいですね。バラでもうまく撮れません。特にアップ撮りした時に!

投稿: 自遊人 | 2010年4月23日 (金) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/48158482

この記事へのトラックバック一覧です: 庭の二輪:

« 古代史の謎79:法治国家の原点「律令」完成 | トップページ | 花色が変わるブーゲンビレア »