« 古代史の謎38:吉野ヶ里は女王国 | トップページ | 古代史の謎39:二人の初代天皇 »

2009年10月23日 (金)

金木犀が香る

3  金木犀が一斉に香りだした。ウオーキングで住宅地を歩いていると、あちこちの庭から金木犀の香りが流れてきて、気持ちがいい。
 「香り」には人間の精神状態に影響を与えるものが多いようだ。気分を落ち着かせるもの、反対に高揚させるもの、或いは爽やかな気分にさせるものなどいろいろあるが、これは人によって違う影響をするものだろうか。

 その証拠が、人によって「香り」「匂い」に対する好き嫌いがあるようだし、特定の匂いに対する感応度にも相異があるのではないだろうか。

 一口メモ:金木犀は中国南部桂林地方が原産地。桂が木犀のことで、木犀の林が多いことが桂林となった由。金木犀の中国名は「丹桂」とか、丹は橙色のこと。日本へは江戸時代の初期に到来。静岡県の県木。

|

« 古代史の謎38:吉野ヶ里は女王国 | トップページ | 古代史の謎39:二人の初代天皇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

単に木犀と言うと銀木犀を言うらしいですね。金木犀はよく見かけますが銀木犀は余り見かけないですね。

投稿: 自遊人 | 2009年10月28日 (水) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/46561416

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀が香る:

« 古代史の謎38:吉野ヶ里は女王国 | トップページ | 古代史の謎39:二人の初代天皇 »