« 古代史の謎7:最古の土器 | トップページ | 古代史の謎8:最古の定住集落跡 »

2009年6月14日 (日)

この時期、生き物の句が多い

 新聞の投稿句の話。冬は生物が見えない世界で殆ど生き物は題材とならない。春は当然に梅、花(桜)、続いて若葉、新緑となるは当然ながら、梅雨入りの今頃は、いきおい、生き物に目が向かうのか、生き物を題材とした句が増える。

 今日の毎日俳壇の4人の選者による48句の選句のうち、25%にあたる12句が生き物(動物)が題材となっている。やはり季節がめぐり、目に付きはじめた小動物たちへの優しいまなざしを感じるのでここに転記しておく。

雀らのうれしき声す麦の秋 (大谷 睦雄) 註:「麦の秋」は収穫期の麦で夏の季語
 飛魚(あご)とぶや長き渚の安房の国 (松島 大地)
 鉄塔に鴉のとまり麦の秋 (吉川 勉)
 縁側を歩くにわとり鯉幟 (尾崎 舜二)
 道に出て叱られている子猫かな (世古 幸久)
 脱げそうな牛の草鞋(わらじ)や賀茂祭 (丹羽 利一)
燕来る店を仕舞ひし本屋にも (杉浦 正章)
 雑魚を釣る吾に青鷺(さぎ)侍りゐる (森川 勧)
 (ちまき)買ふ店の鸚鵡(おうむ)に呼び込まれ (太田 順子)
 雨の日は庭の小鳥の巣を思ふ (枝沢 聖文)
 ででむしや雨に向けたる角の先 (塩野谷 慎吾) 註:ででむしはカタツムリのこと
 老鶯の鳴きつぎ赤子寝息立て (岩田 まさこ) 鶯はウグイス。ここはオウとよむか
 ◎印は特選句4句のうちの2句です。

|

« 古代史の謎7:最古の土器 | トップページ | 古代史の謎8:最古の定住集落跡 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

暑くなってくると小さな虫たちも元気に飛び回るようになりますね。またまた我が家の玄関先に小クワガタの♂が飛んできました。今飼っている小クワガタくんと同じ籠に入れるとケンカするかもと思い、今度はそっとしておきましたけど。
ウチの小クワガタくんも3年目になりますが、すっかり元気になって、よくエサを食べています。
ちなみに金魚もいるのですが、水槽の中をぐるぐると泳ぎ回っています。毎週の水槽掃除が大変ですけど、とてもかわいいです。
みんな夏を待っているようです。

投稿: Y | 2009年6月15日 (月) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534272/45338096

この記事へのトラックバック一覧です: この時期、生き物の句が多い:

« 古代史の謎7:最古の土器 | トップページ | 古代史の謎8:最古の定住集落跡 »